Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に

国内のマネージドEDRサービスの2017年度における市場規模は3億5000万円で、前年度比2.5倍へと拡大した。市場規模は小さいものの今後高い成長率を示し、2022年には50億円規模に達するとの予測をITRが示した。

同社が国内28ベンダーを対象に、EDRのインストールから運営監視、マルウェア分析など行うマネージドサービスについて市場動向を調査、その結果を取りまとめたもの。

2017年度における同サービスの市場規模は3億5000万円となり、市場規模は小さいものの、前年度比2.5倍と大きく成長したという。

2018年度は3.1倍とさらに高い成長率を示し、約11億円に拡大すると予測。今後も堅調に推移し、2022年までの年平均成長率を70.2%、2022年には市場規模が50億円に達すると見込んでいる。

(Security NEXT - 2018/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Log4Shell」対策パッチ、VMwareの20製品で未提供 - 回避策の実施を
ランサム被害のスポーツクラブNAS、検証から情報流出なしと判断
「Apache Log4j」の脆弱性、VMwareの36製品に影響
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
McAfee製EDRの不審活動対処機能に脆弱性 - アップデートで修正