Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に

国内のマネージドEDRサービスの2017年度における市場規模は3億5000万円で、前年度比2.5倍へと拡大した。市場規模は小さいものの今後高い成長率を示し、2022年には50億円規模に達するとの予測をITRが示した。

同社が国内28ベンダーを対象に、EDRのインストールから運営監視、マルウェア分析など行うマネージドサービスについて市場動向を調査、その結果を取りまとめたもの。

2017年度における同サービスの市場規模は3億5000万円となり、市場規模は小さいものの、前年度比2.5倍と大きく成長したという。

2018年度は3.1倍とさらに高い成長率を示し、約11億円に拡大すると予測。今後も堅調に推移し、2022年までの年平均成長率を70.2%、2022年には市場規模が50億円に達すると見込んでいる。

(Security NEXT - 2018/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
Bluetoothに複数の脆弱性、なりすましや中間者攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
同じ「看板」掲げても異なるセキュリティ対策製品