Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ

VPNサーバである「strongSwan VPN charon server」にサービス拒否へ陥るおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。パッチが公開されている。

パケット長のチェックに問題があり、リモートから悪用が可能なバッファアンダーランの脆弱性「CVE-2018-5388」が含まれていることが明らかになったもの。

rootやVPNグループなどローカルにアクセスする権限がある攻撃者によって脆弱性が悪用されると、リソースが枯渇し、サービス拒否が発生するおそれがある。

開発チームでは、修正パッチをリリースしており、「StrongSwan 5.6.3」および以降のバージョンでは適用されているという。

(Security NEXT - 2018/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店