Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ

VPNサーバである「strongSwan VPN charon server」にサービス拒否へ陥るおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。パッチが公開されている。

パケット長のチェックに問題があり、リモートから悪用が可能なバッファアンダーランの脆弱性「CVE-2018-5388」が含まれていることが明らかになったもの。

rootやVPNグループなどローカルにアクセスする権限がある攻撃者によって脆弱性が悪用されると、リソースが枯渇し、サービス拒否が発生するおそれがある。

開発チームでは、修正パッチをリリースしており、「StrongSwan 5.6.3」および以降のバージョンでは適用されているという。

(Security NEXT - 2018/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に