Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ

VPNサーバである「strongSwan VPN charon server」にサービス拒否へ陥るおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。パッチが公開されている。

パケット長のチェックに問題があり、リモートから悪用が可能なバッファアンダーランの脆弱性「CVE-2018-5388」が含まれていることが明らかになったもの。

rootやVPNグループなどローカルにアクセスする権限がある攻撃者によって脆弱性が悪用されると、リソースが枯渇し、サービス拒否が発生するおそれがある。

開発チームでは、修正パッチをリリースしており、「StrongSwan 5.6.3」および以降のバージョンでは適用されているという。

(Security NEXT - 2018/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス