Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ

「Red Hat Enterprise Linux 7」「同6」に含まれるDHCPクライアントパッケージに、深刻な脆弱性が含まれていることが明らかになった。

コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2018-1111」が明らかになったもの。重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。Red Hatでは、各バージョン向けにアップデートをリリースした。

悪意あるDHCPサーバへアクセスしたり、攻撃者から受信した細工されたDHCPレスポンスを受信して脆弱性が悪用されると、NetworkManagerを利用するシステムにおいてroot権限でコマンドを実行されたり、DHCPプロトコルを使用してネットワーク設定を取得されるおそれがあるという。

「Red Hat Enterprise Virtualization 4.1」に関しては、影響を受けるコンポーネントが含まれているものの、管理アプライアンスではNetworkManagerがオフとなっており、ハイパーバイザーにおいてもDHCPを併用しないことなどからデフォルト設定で利用している限りは影響ないと説明。

また「Red Hat Enterprise Linux 5」や「Red Hat Enterprise Virtualization 3.6」については、今回の脆弱性の影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2018/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開