Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ

「Red Hat Enterprise Linux 7」「同6」に含まれるDHCPクライアントパッケージに、深刻な脆弱性が含まれていることが明らかになった。

コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2018-1111」が明らかになったもの。重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。Red Hatでは、各バージョン向けにアップデートをリリースした。

悪意あるDHCPサーバへアクセスしたり、攻撃者から受信した細工されたDHCPレスポンスを受信して脆弱性が悪用されると、NetworkManagerを利用するシステムにおいてroot権限でコマンドを実行されたり、DHCPプロトコルを使用してネットワーク設定を取得されるおそれがあるという。

「Red Hat Enterprise Virtualization 4.1」に関しては、影響を受けるコンポーネントが含まれているものの、管理アプライアンスではNetworkManagerがオフとなっており、ハイパーバイザーにおいてもDHCPを併用しないことなどからデフォルト設定で利用している限りは影響ないと説明。

また「Red Hat Enterprise Linux 5」や「Red Hat Enterprise Virtualization 3.6」については、今回の脆弱性の影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2018/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
「GnuTLS」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開