Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Officeのプロダクトキーで不審な動き」と不安を煽るフィッシング

マイクロソフトになりすまし、Office製品のプロダクトキーが不正に利用されたように思い込ませ、偽サイトへ誘導して情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認された。

20180322_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、問題のフィッシングメールは、「Microsoftアカウントの不審なサインイン」という件名で送信されているという。

メールの本文では、Officeのプロダクトキーが不正にコピーされ、利用されているなどと説明。静岡が発信元になっているなどとして、無関係のIPアドレスをもっともらしく記載することで、あたかもサインインがあったかのように装っていた。

誘導先のフィッシングサイトでは、アカウント情報を入力させるほか、遷移した画面で氏名、クレジットカード情報などの入力を求める。

プロダクトキーが不正利用されたことを口実に不安を煽る手口は、2017年1月ごろに確認され、以降もたびたび確認されている。今回の攻撃は、3月22日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス