Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正

WindowsのDNS処理における脆弱性「CVE-2017-11779」が修正された。Wi-Fiなど同じネットワーク上から攻撃が可能であるとして、脆弱性を発見した研究者はアップデートを呼びかけている。

今回明らかになったのは、Windowsの「DNSAPI」ライブラリに存在する脆弱性。チェックが不十分なため、細工されたDNS応答を処理した際にバッファオーバーフローが生じ、リモートよりコードを実行されるおそれがある。

マイクロソフトでは、米国時間10月10日に公開した月例セキュリティ更新で修正。脆弱性の深刻度を「緊急」としつつも、悪用される可能性については4段階中3番目にあたり、悪用される可能性が低いとする「2」にレーティングした。悪用はアップデートの公開時点で確認されていない。

一方、脆弱性を報告したBishop Foxは、キャッシュDNSサーバなどを介して脆弱性が悪用されることはないが、攻撃者がWi-Fi環境など同じネットワークに接続することでマンインザミドル攻撃が行われる可能性があると説明。

DNSへ任意の問い合わせが行われた際に、細工した応答を返すことで悪用できると脆弱性の危険性を指摘し、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ