Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracleが定例パッチをリリース - 脆弱性299件に対応

Oracleは、定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開し、あわせて299件の脆弱性を解消した。

同社製品を対象とした四半期ごとの定例アップデート「CPU」を公開し、脆弱性へ対処したもの。「Oracle Database Server」に関する2件の脆弱性や、「Oracle MySQL」の脆弱性39件に対処。そのほか「Fusion Middleware」「Financial Services Applications」など、あわせて299件の脆弱性を解消した。

今回修正された脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」でスコアが「7.0」以上で「緊急」または「重要」とされる脆弱性は180件。同社では、脆弱性の悪用を防ぐため、テスト環境で動作を確認したうえで、早期にアップデートを適用するよう推奨している。

なお、次回の定例アップデートの公開は米国時間7月18日を予定している。

(Security NEXT - 2017/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も