Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WBCE CMS」にSQLiやXSSなど3件の脆弱性

オープンソースのコンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WBCE CMS」に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。修正パッチがリリースされている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、ログインできるユーザによって「SQLインジェクション」が可能となる「CVE-2017-2120」をはじめ、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2017-2118」や、「ディレクトリトラバーサル」の脆弱性「CVE-2017-2119」など、あわせて3件の脆弱性が判明したという。

これら脆弱性は、浅井健氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。報告を受けた開発チームでは、脆弱性を修正するためのパッチを公開している。

(Security NEXT - 2017/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ