Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SKYSEA Client View」に脆弱性、更新適用を - すでに攻撃が発生

Skyの資産管理製品「SKYSEA Client View」に外部よりコードが実行可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。すでに攻撃も確認されており、同社や関連機関ではアップデートを呼びかけている。

同製品のクライアント向けエージェントに、認証処理に関する脆弱性「CVE-2016-7836」が含まれていることが判明したもの。「同11.221.03」および以前のバージョンに影響がある。

リモートより管理者以外によって同プログラムが遠隔操作され、任意のコードを実行されるおそれがある。すでに脆弱性を悪用しようとする攻撃も確認されているという。

同社では、注意喚起を公開。周知を図るため情報処理推進機構(IPA)へ報告した。保守契約ユーザー向けに脆弱性を解消するパッチ「同11.300.08h」をリリースしており、適用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催