Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を県のウェブサイトに誤って公開 - 鳥取県

鳥取県のウェブサイトに、イベントに応募した児童の保護者に関する個人情報が誤って掲載されていたことがわかった。

同県が開催した地産地消を推進するイベントにおいて、児童からの応募作品をウェブサイトで公開した際、応募者の保護者に関する個人情報を誤って掲載したもの。

掲載された内容は応募者によって異なるが、応募した小学校5年生と6年生の保護者に関する氏名や住所、電話番号など、あわせて293件の個人情報が閲覧できる状態だった。

11月14日17時ごろ、応募作品をウェブサイトに公開。その際、データをアップロードした委託業者が、個人情報が削除されていることを十分確認しなかったという。16日14時ごろ、メールによる指摘を受け、作品の公開を中止した。

同県では関連する小学校および所管の教育委員会に電話で説明を行うとともに、応募者の保護者に書面で謝罪した。今後は、作品の応募用紙から個人情報の記載欄を削除するとしている。

(Security NEXT - 2016/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
講演会申込者情報を誤掲載、個人情報入りデータでテスト- 大阪府
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都