Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を県のウェブサイトに誤って公開 - 鳥取県

鳥取県のウェブサイトに、イベントに応募した児童の保護者に関する個人情報が誤って掲載されていたことがわかった。

同県が開催した地産地消を推進するイベントにおいて、児童からの応募作品をウェブサイトで公開した際、応募者の保護者に関する個人情報を誤って掲載したもの。

掲載された内容は応募者によって異なるが、応募した小学校5年生と6年生の保護者に関する氏名や住所、電話番号など、あわせて293件の個人情報が閲覧できる状態だった。

11月14日17時ごろ、応募作品をウェブサイトに公開。その際、データをアップロードした委託業者が、個人情報が削除されていることを十分確認しなかったという。16日14時ごろ、メールによる指摘を受け、作品の公開を中止した。

同県では関連する小学校および所管の教育委員会に電話で説明を行うとともに、応募者の保護者に書面で謝罪した。今後は、作品の応募用紙から個人情報の記載欄を削除するとしている。

(Security NEXT - 2016/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
原子力規制委への不正アクセス、VPNの既知脆弱性が起点に
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大