Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

十八銀行で不正ログイン - 不正送金は確認されず

十八銀行は、同行のオンラインバンキングにおいて不正ログインの痕跡を発見したことを明らかにした。不正送金の被害は確認されていないという。

同行では今回の問題を受けて、個人や法人のオンラインバンキングサービス利用者へ注意喚起を実施。脆弱性の解消やパスワードの適正管理など、基本的な対策を呼びかけるとともに、同行が無料で提供しているマルウェア対策ツールの活用などを求めた。

またワンタイムパスワードやソフトウェアキーボードの利用、ログイン履歴の確認、法人サービスにおいて取引の入力者と承認者をわけるなど、セキュリティ対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も