Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定個人情報の取扱状況の報告義務について意見募集を開始 - 個人情報保護委員会

個人情報保護委員会は、自治体などに対し、特定個人情報の取扱状況について定期的に報告することを定めた委員会規則のパブリックコメント案を公開した。10月17日まで意見募集を行っている。

マイナンバー法では、特定個人情報ファイルを保有する自治体などに対し、個人番号の適切な管理を求めており、同法の実施にあたっては、「特定個人情報の取扱いの状況に係る地方公共団体等による定期的な報告に関する規則」により、報告の周期や内容について定めることとなっている。

今回公開された委員会規則のパブリックコメント案では、年度ごとに前年度に講じた措置について報告を求めるほか、定期的な報告に限らず、特定個人情報の漏洩などが発生した場合には、同委員会が随時報告を求めることを可能とした。

同委員会では10月17日17時を提出期限として、同案に対する意見募集を実施している。意見は、電子政府の総合窓口「e-Gov」、郵送、ファックスなどで受け付けている。

(Security NEXT - 2016/09/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
個情委、LINEとZHDに立ち入り検査 - 報告内容を現地確認
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分