Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareの複数製品に深刻な脆弱性 - 修正パッチがリリース

VMwareは、同社複数の製品に対してセキュリティパッチをリリースし、深刻な脆弱性を解消した。

「VMware ESXi」「VMware Workstation」「VMware Fusion」「VMware Tools」において、あわせて8件の脆弱性が明らかとなったもの。同社は脆弱性の重要度について「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

具体的には、「VMware Workstation」におけるバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2016-7081」をはじめ、メモリ破壊が生じる複数の脆弱性、インストーラーが不正なDLLファイルを読み込む脆弱性が判明。また「VMware Tools」には、NULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2016-7079」「 CVE-2016-7080」などが含まれる。

同社では、各製品向けに脆弱性を解消するパッチを用意。利用者へ対応を呼びかけている。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-7081
CVE-2016-7082
CVE-2016-7083
CVE-2016-7084
CVE-2016-7079
CVE-2016-7080
CVE-2016-7085
CVE-2016-7086

(Security NEXT - 2016/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性