Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、メジャーアップデートとともに「iOS 10.0.1」をリリース

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OS「iOS 10.0.1」をリリースした。

20160914_ap_001.jpg
「iOS 10」の修正も含まれる「iOS 10.0.1」

同アップデートは、1件の脆弱性を解消するアップデート。

メジャーアップデートである「iOS 10」における脆弱性7件の修正も含まれており、CVEベースで実質8件の脆弱性に対処している。

同社では、最新スマートフォン「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の発売にあわせ、メジャーアップデートとなる「iOS 10」を米時間9月13日にリリースしたが、今回のマイナーバージョンアップは同日のリリースとなった。

「iOS 10」では、ソフトウェアアップデートに関連する脆弱性をはじめ、メール、メッセージ、キーボード、位置情報、サンドボックスなどの脆弱性に対応。

また「iOS 10.0.1」では、Lookoutとトロント大学のCitizen Labが報告したカーネルメモリの内容が漏洩する「CVE-2016-4655」について修正を行ったという。

同脆弱性は通称「Trident」とも呼ばれており、諜報ソフトに利用されていた。「iOS 9」に関しては、「iOS 9.3.5」で修正されている。

「iOS 10.0.1」で修正される脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-4741
CVE-2016-4719
CVE-2016-4746
CVE-2016-4747
CVE-2016-4740
CVE-2016-4749
CVE-2016-4620
CVE-2016-4655

(Security NEXT - 2016/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
「Cisco IOS XR」にサービス拒否の脆弱性 - ゼロデイ攻撃も
「ニトリアプリ」に脆弱性、アプリ経由で外部URLへ誘導されるおそれ
5カ月ぶりに「Emotet」が活動再開 - 感染拡大に警戒を
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正