Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カシー化粧品のサイトが改ざん - 別のECサイトに転送

カシー化粧品のウェブサイトが不正アクセスを受けて一時改ざんされ、無関係のECサイトに誘導される状態になっていたことがわかった。

同サイトを運営する香椎化学工業によると、サイトで利用しているCMSが不正に侵入され、サイトの内容を改ざんされたという。これにより8月11日から14日にかけて、検索エンジンである「Google」や「Bing」「ヤフー」より検索結果からアクセスした閲覧者が、無関係の商品を扱っているECサイトに誘導される状態だった。

同社ではすでに原因を特定し、サイトを修正。個人情報の流出は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2016/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
豆煎餅など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性