Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

管理者権限なしで特定アプリのみインストールを許可するツール

横河レンタ・リースは、管理者権限を付与しなくても一般ユーザーがアプリをインストールできるソリューション「Flex Work Place AppSelf」を提供開始した。

同ソリューションは、アプリケーションのインストール権限を管理する製品。管理者が承認し、デジタル署名を付与したアプリに限り、管理者権限を持たない一般ユーザーが、自身の操作でインストール作業を行うことが可能。またデジタル署名より、変更や破損を検知できる。

価格はサブスクリプションライセンスが1デバイスあたり月額345円。ライセンス購入の場合、ベースライセンスが1ユーザーあたり12万9600円。デバイスライセンスが1デバイスあたり5184円。

(Security NEXT - 2016/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Samba」に脆弱性、アップデートがリリース
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通
1人に送信すべき案内メールを約1.9万人に誤送信 - 京都市
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
職員用システムに脆弱性、管理者パスワード奪われる - 西宮市
「ウイルスバスタークラウド」にフォルダ改ざん検知をバイパスされる脆弱性
ZohoのUEM製品に深刻な脆弱性、すでに悪用も - 侵害状況の確認を