Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

管理者権限なしで特定アプリのみインストールを許可するツール

横河レンタ・リースは、管理者権限を付与しなくても一般ユーザーがアプリをインストールできるソリューション「Flex Work Place AppSelf」を提供開始した。

同ソリューションは、アプリケーションのインストール権限を管理する製品。管理者が承認し、デジタル署名を付与したアプリに限り、管理者権限を持たない一般ユーザーが、自身の操作でインストール作業を行うことが可能。またデジタル署名より、変更や破損を検知できる。

価格はサブスクリプションライセンスが1デバイスあたり月額345円。ライセンス購入の場合、ベースライセンスが1ユーザーあたり12万9600円。デバイスライセンスが1デバイスあたり5184円。

(Security NEXT - 2016/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性