Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

管理者権限なしで特定アプリのみインストールを許可するツール

横河レンタ・リースは、管理者権限を付与しなくても一般ユーザーがアプリをインストールできるソリューション「Flex Work Place AppSelf」を提供開始した。

同ソリューションは、アプリケーションのインストール権限を管理する製品。管理者が承認し、デジタル署名を付与したアプリに限り、管理者権限を持たない一般ユーザーが、自身の操作でインストール作業を行うことが可能。またデジタル署名より、変更や破損を検知できる。

価格はサブスクリプションライセンスが1デバイスあたり月額345円。ライセンス購入の場合、ベースライセンスが1ユーザーあたり12万9600円。デバイスライセンスが1デバイスあたり5184円。

(Security NEXT - 2016/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開