Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avastに脆弱性、マルウェアの削除や隔離で攻撃受けるおそれ

AVAST Softwareが提供するセキュリティ対策ソフトにおいて、マルウェアの削除を行うと、任意のファイルが削除される脆弱性が含まれていることがわかった。定義ファイルに起因しており、最新の状態へアップデートすることにより解消できるという。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品において「150918-0」より以前の定義ファイルを適用している場合、ディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2015-5662」が存在するという。

zip形式などのアーカイブファイルを同製品で検証し、アーカイブ内部のファイルがマルウェアとして検出された場合、マルウェアの移動や削除などの操作を行うと、アーカイブファイルに記載されたファイルパスに対して操作が行われ、システム内部のファイルが削除されるおそれがあるという。

定義ファイルに起因した脆弱性であり、「150918-0」以降の定義ファイルへアップデートすることにより脆弱性を解消できる。同脆弱性は、さくら情報システムの小池亮平氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2015/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ