Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

航空業界向けDatalex製ソフトに脆弱性 - すでに修正済み

Datalexが航空業界向けに提供しているソフトウェアに機密性を損なう脆弱性「CVE-2015-2858」が含まれていることがわかった。航空会社による対応はすでに完了しているという。

セキュリティ機関によれば、航空券の予約や支払いなどが行えるDatalex製ソフトウェアにおいて、エラー処理に不備があり、認証を回避されるおそれがあることが判明したもの。脆弱性を悪用された場合、攻撃者によってリモートよりデータを変更されるおそれがある。

脆弱性はすでに修正されており、影響を受けるすべての航空会社においてアップデートを完了しているという。

(Security NEXT - 2015/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測