Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、メジャーUD「Photoshop CC 2015」で脆弱性4件を修正

Adobe Systemsは、画像処理ソフト「Adobe Photoshop CC」のメジャーアップデートで深刻な脆弱性を解消した。

20150617_as_001.jpg

影響を受けるのは、「同2014(15.2.2)」および以前のバージョン。メモリ破壊の脆弱性「CVE-2015-3109」をはじめ、4件の脆弱性が存在し、脆弱性が悪用された場合、システムの制御を奪取されるおそれがある。脆弱性は「Windows」「Mac OS X」いずれも影響を受けるという。

同社は、適用優先度を3段階中もっとも低い「3」とレーティングしているが、脆弱性の影響を「深刻」と評価しており、6月16日に発表した最新版「同2015(16.0)」へアップデートするよう呼びかけている。

修正した脆弱性は以下の通り。

CVE-2015-3109
CVE-2015-3110
CVE-2015-3111
CVE-2015-3112

(Security NEXT - 2015/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性