Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化通信の可視化製品に複数の脆弱性

ブルーコートシステムズのネットワーク可視化製品「Blue Coat SSL Visibility Appliance」 に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

同製品は、SSLやTLSによる暗号化通信など、ネットワーク通信を可視化できるセキュリティアプライアンス。「同3.6.x」から「3.8.3」までのバージョンに複数の脆弱性が含まれていることが判明したもので、「SV800」「SV1800」「SV2800」「SV3800」などが影響を受ける。

クロスサイトリクエストフォージェリ「CVE-2015-2852」をはじめ、セッション管理「CVE-2015-2853」、入力値の確認「CVE-2015-2854」などの脆弱性が存在。またHTTPS通信を限定しておらず、HTTP通信の内容を傍受可能な攻撃者に情報が漏洩するおそれがあるという。

脆弱性の判明を受け、同社では脆弱性を修正した「同3.8.4」を公開。同社やセキュリティ機関などはアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正