Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブフォームCGIにコードインジェクションの脆弱性

CGIプログラム「MP Form Mail CGI eCommerce版」をWindows環境で利用している場合に、コードインジェクションを受ける脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品は、ウェブフォームよりメール送信するためのCGIプログラム。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、コードインジェクションの脆弱性「CVE-2015-0898」が存在し、Perlのコードを実行されるおそれがあるという。

プログラムを提供するfutomiでは、脆弱性を修正した最新版を提供している。同脆弱性は、馬場将次氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告、JPCERTコーディネーションセンターが調整した。

(Security NEXT - 2015/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起