Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル共有ソフトの一斉取り締まりを実施 - 検挙人数が2割増

警察庁は、ファイル共有ソフトによる著作権法違反に対する一斉集中取り締まりを実施した。

ファイル共有ソフトを通じてアニメや音楽のほか、ソフトウェアなどを公衆送信している著作権侵害事件に対する一斉取り締まりで、2009年より実施しており、今回で6回目。

2015年は2月17日から19日にかけて全国38府県警察が実施し、前回より10カ所多い133カ所を捜索。違法に著作物を公開していた疑いで、前回より7人増となる40人を検挙した。

(Security NEXT - 2015/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処