Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ntpd」に深刻な脆弱性 - 不正パケットでコード実行のおそれ

時刻の同期などに利用されている「ntpd」に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。悪用された場合、任意のコードを実行されるおそれもあるとして、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、脆弱性が存在するのは、「ntpd 4.2.7」や「ntp-keygen 4.2.7p230」で、以前のバージョンも含まれる。

細工されたパケット処理により、バッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2014-9295」をはじめ、一定条件下で脆弱なデフォルト鍵や対称鍵を生成する問題など、あわせて4件の脆弱性が含まれるという。

NTP Projectでは、脆弱性を修正した「ntpd 4.2.8」が公開されており、セキュリティ機関などはアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC