Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ntpd」に深刻な脆弱性 - 不正パケットでコード実行のおそれ

時刻の同期などに利用されている「ntpd」に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。悪用された場合、任意のコードを実行されるおそれもあるとして、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、脆弱性が存在するのは、「ntpd 4.2.7」や「ntp-keygen 4.2.7p230」で、以前のバージョンも含まれる。

細工されたパケット処理により、バッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2014-9295」をはじめ、一定条件下で脆弱なデフォルト鍵や対称鍵を生成する問題など、あわせて4件の脆弱性が含まれるという。

NTP Projectでは、脆弱性を修正した「ntpd 4.2.8」が公開されており、セキュリティ機関などはアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足
子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
「とうきょう認知症ナビ」に医師の自宅住所など誤掲載
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid