Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

稼働中の「WS 2003」は約26万台、課題は予算確保と経営層の理解

一方すでに移行を進めている、または検討中と回答した793人に移行時の課題について質問したところ、「予算の確保、経営層への上申理由と理解」が54.7%と半数以上を占めた。

次いで「社内の人手不足(36.2%)」が続く。また「アプリケーションの動作検証に予想以上の工数がかかった、もしくはかかっている」との回答も28.1%と多く、「予算」「人手」「時間」が移行の障壁となっている。

すでに移行済みもしくは移行の予算を確保した組織の移行費用を見ると、従業員数250人未満の中小規模では、1社あたりの費用は平均443万円。250人以上の大規模企業では2618万円だった。

同時に、過去1年間に発生したセキュリティ被害額を尋ねたところ、中小規模では2006万円。大規模企業では4213万円だった。中小規模企業では、サーバ移行費用の4.5倍のセキュリティ被害が発生していることがわかる。

(Security NEXT - 2014/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
「WS 2008」のセキュリティ診断付きAzure移行支援サービス
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
「WannaCrypt」の復号キーをメモリから取得する「WannaKey」
カスペ、Windows用セキュリティ製品に新版 - サーバでもアプリ実行制御が可能に
カスペ、中小企業向けにエンドポイント製品の導入支援サービス
モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定