Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通システムズ・イースト、SIEMの設計から運用までワンストップで対応

富士通システムズ・イーストは、SIEMの導入設計から監視運用までワンストップで提供する「FUJITSUセキュリティソリューションSIEMマネジメントサービス」を提供開始した。

同サービスは、マカフィーのセキュリティイベント管理製品「McAfee SIEM」と同社の監視サービスを組み合わせたセキュリティソリューション。

SIEM基盤の構築や相関分析するためのルール作成、実際の運用、監視、セキュリティインシデント発生時の運用シナリオの作成や対応支援までワンストップで提供。情報システムの監視およびログ分析により、不正アクセスの早期発見や被害拡大の防止などに活用できる。

同社では、2016年度末までに同サービスを100社に提供し、6億円の売上げを目標にサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
APIゲートウェイ向けにOSSのセキュリティプラグインを公開
特定社会基盤事業者や周辺事業者向けのリスク対策支援サービス
「WarpDrive」に「攻殻機動隊」の世界観でセキュリティ学べるゲーム機能
「WordPress」のセキュリティ対策プラグインを公開 - クラウドセキュア
MS、上位サブスク契約者向けだった詳細ログデータを開放
特定のサイバー脅威に対する耐性を評価するサービス - NRIセキュア
ファイルサーバ管理ソフトにログ監視オプション - ランサムなど不正操作を通知
インシデントに備えたログ取得管理状況の調査サービス