Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通システムズ・イースト、SIEMの設計から運用までワンストップで対応

富士通システムズ・イーストは、SIEMの導入設計から監視運用までワンストップで提供する「FUJITSUセキュリティソリューションSIEMマネジメントサービス」を提供開始した。

同サービスは、マカフィーのセキュリティイベント管理製品「McAfee SIEM」と同社の監視サービスを組み合わせたセキュリティソリューション。

SIEM基盤の構築や相関分析するためのルール作成、実際の運用、監視、セキュリティインシデント発生時の運用シナリオの作成や対応支援までワンストップで提供。情報システムの監視およびログ分析により、不正アクセスの早期発見や被害拡大の防止などに活用できる。

同社では、2016年度末までに同サービスを100社に提供し、6億円の売上げを目標にサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
ゲーム企業向けセキュリティ人材の紹介サービス - C&R社
氏名やIPアドレスの透かしで画面撮影を抑止するソフト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック