Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Reader」などに深刻な脆弱性 - 72時間以内の更新を推奨

Adobe Systemsは、深刻な脆弱性1件を修正した「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」のセキュリティアップデートを公開した。

20140813_as_002.jpg
今回の脆弱性はWindows版のみ影響を受ける

今回の更新は、サンドボックスをバイパスする脆弱性「CVE-2014-0546」を修正したプログラム。脆弱性が悪用されるとサンドボックス外でコードを実行され、システムの制御を奪取されるおそれがある。同社は同脆弱性について「Windows」にのみ影響があり、Mac OS X版への影響はないとしている。

同社では、脆弱性を解消した「同11.0.08」「同10.1.11」を用意。いずれも適用優先度を3段階中もっとも高い「1」とし、72時間以内にできるだけ早く更新するよう推奨している。

(Security NEXT - 2014/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ
Zohoの複数ネットワーク監視製品にRCE脆弱性
「EC-CUBE」や公式プラグインに脆弱性 - バグバウンティ契機に発見
米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す
Google、複数の脆弱性を修正した「Chrome 105.0.5195.125」など公開
日立のディスクアレイ用ソフトに深刻な脆弱性 - アップデートをリリース