Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高校で「生徒理解カード」が所在不明 - 岐阜

岐阜県立本巣松陽高校において、生徒の個人情報が記載された「生徒理解カード」34人分が所在不明になっている。

7月23日、1クラス34人分の「生徒理解カード」が保管場所に見当たらないことに担任の教諭が気付いたもので、校内など捜索したが発見できなかったという。

紛失した文書は、教育相談や緊急時の対応などのため、入学時に提出するカードで、生徒の氏名、住所、生年月日、顔写真、家族構成、友人関係、自宅付近の地図のほか、保護者の氏名や、勤務先、緊急連絡先などの情報が記載されていた。

同校では、対象となる生徒および保護者に対して事情を説明、謝罪した。同県教委では、県立校に対し、「生徒理解カード」の保管状況を点検するよう指導した。

(Security NEXT - 2014/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
案内メール誤送信でメアド流出 - 広島学院
実物の調査書を見本に使用 - 府立高校
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委