Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪大理学部のサイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ

大阪大学理学研究科および同大理学部のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされていたことがわかった。

同大によれば、6月12日8時30分ごろ、同大学の職員がサイトにアクセスした際、セキュリティ対策ソフトによる警告により、改ざんへ気が付いたという。同大では問題のサーバをネットワークから隔離し、改ざんの発生時期や原因などの詳細を調べている。今後あらたな事実が判明次第、公表していく予定。

同サイトでは個人情報を保有しておらず、外部流出の可能性については否定しているが、同サイトの閲覧により、ウイルスへ感染する可能性があったとして、同大では利用者にウイルススキャンの実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
農研機構の運営サイトが改ざん - トップページに無関係のイラスト
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響