Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調査協力依頼を装うフィッシングに注意 - DQ利用者がターゲット

スクウェア・エニックスを装い、調査協力を口実にアカウント情報を騙し取るフィッシング攻撃が発生している。人気タイトル「ドラゴンクエストX」の利用者を狙う内容だった。

20140305ap_001.jpg
誘導先となっていたフィッシングサイト。

スクウェア・エニックスを装うフィッシング攻撃は、これまでも確認されているが、今回確認されたフィッシングメールでは、定期検査により利用者のアカウントが係争に巻き込まれるおそれがあるなどと説明。調査を協力するよう求め、偽サイトへ誘導する手口だった。協力しない場合は、アカウントを凍結する可能性があるなどと不安を煽る文言もある。

一方で、送信元企業が「スクウェア・エニックス公司」になっているなど、中国語と見られる表記があったり、「おアカウント」をはじめ、不自然な日本語の言い回しも多い。日本語を母国語としていない人物が作成したと見られる。

3月5日の時点でフィッシングサイトは稼働している状況であり、今後も注意が必要だ。

(Security NEXT - 2014/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール