Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware ESX」に任意のファイルへアクセス可能となる脆弱性

「VMware ESX」および「同ESXi」において、任意のファイルにアクセス可能となる脆弱性「CVE-2013-5973」が明らかとなった。

脆弱性ポータルサイトのJVNによれば、仮想マシンファイル記述子の処理に問題が存在。「vCenter Server」においてディスクを追加するコマンド権限が許されている利用者によって、任意のファイルを読みとられる可能性がある。

影響を受けるのは、「ESXi 5.5」「同5.1」「同5.0」「同4.1」「同4.0」および「同ESX 4.1」「同4.0」で、脆弱性を修正するパッチが提供されている。なお「VMware vCloud Director」については影響は受けない。

今回の脆弱性は、Shanon Olsson氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告。同センターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2013/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー