Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「.cn.com」ドメインのフィッシングサイトが急増 - 40件以上公開された日も

警察庁は、ドメイン「.cn.com」を利用したフィッシングサイトが、11月に入り急増しているとして注意を呼びかけている。1日あたり40件以上が確認された日もあった。

20131122np_001.jpg
フィッシングサイトの認知件数(グラフ:警察庁)

同庁では、中国向けのサイトで使用されることが多い「.cn.com」を利用したフィッシングサイトの増加を9月下旬より把握しており、特に11月に入ってから活動が活発化しているとして注意を促したもの。

1日あたり20件近く設置された日が数日あり、もっとも多かった1月17日には、40件以上のフィッシングサイトが設置されたという。

設置されていたフィッシングサイトは、「金融機関」「オンラインゲーム」を偽装。これらサイトは、正規サイトと勘違いさせるよう正規サイトのドメインをサブドメインとして利用。「正規サイトのドメイン名.●●●.cn.com」といったドメインで公開されていた。

(Security NEXT - 2013/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
「東京ガス」装うフィッシング - 「対応しないと供給停止」と不安煽る
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導