Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「.cn.com」ドメインのフィッシングサイトが急増 - 40件以上公開された日も

警察庁は、ドメイン「.cn.com」を利用したフィッシングサイトが、11月に入り急増しているとして注意を呼びかけている。1日あたり40件以上が確認された日もあった。

20131122np_001.jpg
フィッシングサイトの認知件数(グラフ:警察庁)

同庁では、中国向けのサイトで使用されることが多い「.cn.com」を利用したフィッシングサイトの増加を9月下旬より把握しており、特に11月に入ってから活動が活発化しているとして注意を促したもの。

1日あたり20件近く設置された日が数日あり、もっとも多かった1月17日には、40件以上のフィッシングサイトが設置されたという。

設置されていたフィッシングサイトは、「金融機関」「オンラインゲーム」を偽装。これらサイトは、正規サイトと勘違いさせるよう正規サイトのドメインをサブドメインとして利用。「正規サイトのドメイン名.●●●.cn.com」といったドメインで公開されていた。

(Security NEXT - 2013/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社