Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「.cn.com」ドメインのフィッシングサイトが急増 - 40件以上公開された日も

警察庁は、ドメイン「.cn.com」を利用したフィッシングサイトが、11月に入り急増しているとして注意を呼びかけている。1日あたり40件以上が確認された日もあった。

20131122np_001.jpg
フィッシングサイトの認知件数(グラフ:警察庁)

同庁では、中国向けのサイトで使用されることが多い「.cn.com」を利用したフィッシングサイトの増加を9月下旬より把握しており、特に11月に入ってから活動が活発化しているとして注意を促したもの。

1日あたり20件近く設置された日が数日あり、もっとも多かった1月17日には、40件以上のフィッシングサイトが設置されたという。

設置されていたフィッシングサイトは、「金融機関」「オンラインゲーム」を偽装。これらサイトは、正規サイトと勘違いさせるよう正規サイトのドメインをサブドメインとして利用。「正規サイトのドメイン名.●●●.cn.com」といったドメインで公開されていた。

(Security NEXT - 2013/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ