Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」や「Movable Type」の旧版利用者へ注意喚起 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、例年ウェブサイトへの攻撃が多発する時期を迎える一方で、脆弱性が存在する旧バージョンの「WordPress」や「Movable Type」を引き続き利用しているケースが相次いで報告されていることから、注意喚起を行った。

脆弱性が存在するコンテンツマネジメントシステム(CMS)の旧バージョンに対して、不正アクセスによる改ざんや情報漏洩などが発生していることから対策を呼びかけたもの。CMSのなかでも利用者が多い「WordPress」や「Movable Type」の脆弱性を悪用する攻撃手法や攻撃ツールも流通している。

同機構に対しても、両ソフトの旧バージョンを利用しているウェブサイトに関する脆弱性の届出が増加しており、6月から9月上旬までに42件に上っている。届出があったサイトの一部では、データベースが改ざんされる「SQLインジェクション」の脆弱性や、第三者によりページの編集が可能となる「アクセス制限回避」の脆弱性なども含まれていたという。

(Security NEXT - 2013/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security