Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの一部ページが改ざん、閲覧でウイルス感染のおそれ - 創造社デザイン専門学校

創造社デザイン専門学校は、サイトの一部ページが不正アクセスにより改ざんされ、閲覧した場合ウイルスに感染する可能性があったことを明らかにした。

改ざん被害に遭ったのは、同校のウェブ専攻コースを紹介するページ。外部委託先のサーバが不正アクセスを受けて改ざんされ、8月26日から9月4日までの間に対象ページを閲覧した場合、ウイルスに感染するおそれがあったという。

同校では、すでに改ざん部分の修正を完了しており、現在は通常通り公開している。同校では、改ざん期間中に対象ページにアクセスした利用者に、ウイルススキャンを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス