Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性攻撃による不正アクセスでサイト改ざん - ニセコリゾート

北海道のニセコリゾート観光協会は、サイトが不正アクセスを受け、トップページが改ざんされたと発表した。

同団体によれば、8月7日23時13分に不正アクセスを受け、サイトのトップページが改ざん被害に遭ったという。トップページ以外の改ざんはなかったとしており、個人情報の流出についても否定した。

同社では8日9時30分に改ざんページの復旧を完了。今後、不正アクセスの原因となった脆弱性の修正や、セキュリティ対策を実施する。

(Security NEXT - 2013/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用