Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府のグループメールサービス利用は14機関で95件 - 機密情報漏洩は確認されず

政府の14機関で95件のグループメールサービスが利用されていたことがわかった。非公開情報が漏洩したケースはなかったという。

政府機関において、Googleグループを公開設定のまま利用したことにより、機密情報の情報漏洩が発生したことを受け、21の政府機関を対象に調査を実施したもの。既報である4省庁の4事例は含まれてない。

今回実施した調査では、非公開の情報を扱い、さらに情報が漏洩する被害が発生していたケースは、確認されなかった。

非公開の情報を取り扱いつつも、非公開設定となっており、情報漏洩が生じていないケースは、8機関25件にのぼる。これらについては、一部国際機関で利用されている場合を除き、使用を停止したという。

公開情報のみ扱っていたケースは、11機関で70件。国民と情報を共有する目的であれば、政府統一基準においてグループメールサービスの利用は禁止されていない。

政府では今回の調査結果を受け、外部委託を利用する際の注意喚起や、職員におけるセキュリティポリシーの徹底など対策を講じる。また各政府機関で共用できるグループメールサービスの構築を早急に検討していくという。

(Security NEXT - 2013/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
下請へのセキュ要請、問題なし - ただし優越的地位の濫用となるケースも
米政府、DDoS攻撃対策のガイダンスを公開 - 影響を考慮しつつ対策を
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver3.0」の意見募集が開始に
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇