Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仙台市農作物有害鳥獣対策協議会のサイトが改ざん、閲覧者に注意喚起

仙台市農作物有害鳥獣対策協議会のサイトが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性があったことがわかった。

仙台市の発表によれば、改ざんは6月1日に発生。同日より3日9時にサイトを閉鎖するまで、改ざんされたページを閲覧した場合、パソコンがウイルスへ感染するおそれがあった。

同市では、問題の期間中に同サイトへアクセスした利用者に対し、セキュリティ対策ソフトなどを用いて、ウイルスへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性