Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アプリにより2週間で45万件の個人情報が流出か

非公式サイト上で、有用なAndroidアプリに見せかけ、個人情報を詐取する「Android.Exprespam」が1月初旬より公開されている問題で、被害が拡大している。シマンテックでは、すでに45万件の個人情報が不正に取得された可能性があるとの見解を示している。

問題のサイトは「ANDROID EXPRESSのPLAY」を名乗り、スパムメールなどを通じてユーザーを誘導。有用なアプリに見せかけて、端末の連絡帳から個人情報を取得する不正アプリ「Android.Exprespam」を配布している。

1月13日から1月20日にかけて3000件超のアクセスがあり、過去に発生した類似事例から、リニューアルする前の「Gcogle Play」とあわせて7万5000件から45万件の個人情報が窃取された可能性があるとの試算を同社は示した。

同サイトを展開するグループが、さらに別のドメインであたらしいマーケットを展開し、あらたな亜種をホストしていることを同社では確認しており、今後件数はさらに急増すると予想している。

送信者が明確ではないメールのリンクをクリックしないことや、既存の信頼できるアプリベンダーからダウンロードすること、セキュリティ対策ソフトの活用など、セキュリティ対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ