Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、最新動向を紹介するセミナーを開催

フィッシング対策協議会は、フィッシング詐欺による被害の抑制を目的としたイベント「フィッシング対策セミナー 2012」を12月14日に都内で開催する。

同イベントは、フィッシング詐欺の最新動向について紹介するセミナー。同協議会や金融機関、警察庁、送信ドメイン認証の専門家が、フィッシングの手口や対応策、取り組みについて説明する。

会場は、品川シーサイド楽天タワー。参加費用は無料で定員は200名。イベントの実施はJPCERTコーディネーションセンターが担当しており、専用のメールアドレスで受け付けている。締め切りは2012年12月10日で、定員となり次第受付を終了する。

(Security NEXT - 2012/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社