Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VPS利用者のウェブサイトが改ざん、管理ツールに脆弱性 - KISNET

柏崎インターネットサービス(KISNET)は、同社の仮想プライベートサーバサービスが不正アクセスを受け、一部利用者の運営サイトで改ざん被害が発生したことを明らかにした。

同サービスを運営する創風システムによれば、「VPSプラン」と「VPSライトプラン」の一部利用者が運営するウェブページが改ざんされ、不正ファイルが混入したという。改ざんされたページを閲覧しようとすると、不正サイトに誘導される可能性があった。

同サービスの設定を変更するために用意されていた「ウェブ管理ツール」に脆弱性が存在し、外部より攻撃を受けたもので、7月9日に問題が発覚。同社では改ざんされたファイルを削除し、正規ファイルへ置き換え、同日17時に修正を完了した。

同社は、修正に向けて同ツールの提供を7月29日まで一時停止する。ウェブサイトの公開やファイルのアップロードなど通常どおり利用できるが、設定の変更など、同ツールを用いる設定については、同社が作業を代行することで対応するとしている。

(Security NEXT - 2012/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

農研機構の運営サイトが改ざん - トップページに無関係のイラスト
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ