Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、定例アップデートでJava SEの脆弱性14件を修正予定

Oracleは、Java SEの定例アップデートを当初の計画どおり米時間6月12日に公開する予定だ。

影響を受けるのは、「JRE」および「JDK」の「同7 Update 4」「同6 Update 32」「同5.0 Update 35」「同1.4.2_37」「Java FX 2.1」で、これらより以前のバージョンも含まれる。

今回のアップデートでは、14件の脆弱性を修正する予定。そのうち12件は外部より攻撃が行える脆弱性であるとして、同社では公開後にアップデートをできるだけ早く適用するよう強く推奨している。

(Security NEXT - 2012/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース