Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、異常な振る舞いを検知する監視ソフトを販売

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、MONETとの販売契約を締結し、豪Tier-3が提供している総合監視ソフト「HUNTSMAN」の取り扱いを開始した。

同製品は、PCやサーバ、ネットワーク機器、入退室管理システムなどのログを収集、監視できるソリューション。収集したログから正常状態を学習し、異常な振る舞いをリアルタイムに検出する独自技術を搭載している。

エージェントレスでサーバへインストールして利用するため導入しやすく、同社がコンサルティングから設計、導入、保守までトータルでサポートする。

価格は、データベースの容量により変化するため個別見積もりで対応。同社では2年間で10ユーザーを目標に販売を展開していく。

(Security NEXT - 2012/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術