Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、異常な振る舞いを検知する監視ソフトを販売

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、MONETとの販売契約を締結し、豪Tier-3が提供している総合監視ソフト「HUNTSMAN」の取り扱いを開始した。

同製品は、PCやサーバ、ネットワーク機器、入退室管理システムなどのログを収集、監視できるソリューション。収集したログから正常状態を学習し、異常な振る舞いをリアルタイムに検出する独自技術を搭載している。

エージェントレスでサーバへインストールして利用するため導入しやすく、同社がコンサルティングから設計、導入、保守までトータルでサポートする。

価格は、データベースの容量により変化するため個別見積もりで対応。同社では2年間で10ユーザーを目標に販売を展開していく。

(Security NEXT - 2012/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能