Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、SCOMと連携する監視ソリューションの最新版を発売

ディアイティは、最新の「System Center 2012 Operations Manager」に対応した システム監視ソリューション「Log Audit Tracker for Ops Manager」を 、6月1日より提供開始する。

同製品は、マイクロソフトが提供するWindowsシステム向けイベント監視システム「System Center Operations Manager(SCOM)」と連携し、操作履歴やUSBデバイス、ドライブなどの監視とレポート作成を行うソリューション。

クライアントPCの操作情報を収集する「LAT Assistant」と、SCOMとの連動により「LAT Assistant」が収集した情報をもとに監査レポートを作成する「LAT Report Manager」で構成されており、操作履歴やプロセス、IPアドレス変更、ファイル操作、USBデバイス、ドライブ、印刷ジョブなどを監視し、イベント統計情報を可視化したレポートを自動作成する。

価格は、Report Managerが31万2900円。Assistantは、対象PC台数999台までの場合、1クライアントあたりの初年度サブスクリプション価格は1890円。同社では初年度に10システムの販売を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも