Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、SCOMと連携する監視ソリューションの最新版を発売

ディアイティは、最新の「System Center 2012 Operations Manager」に対応した システム監視ソリューション「Log Audit Tracker for Ops Manager」を 、6月1日より提供開始する。

同製品は、マイクロソフトが提供するWindowsシステム向けイベント監視システム「System Center Operations Manager(SCOM)」と連携し、操作履歴やUSBデバイス、ドライブなどの監視とレポート作成を行うソリューション。

クライアントPCの操作情報を収集する「LAT Assistant」と、SCOMとの連動により「LAT Assistant」が収集した情報をもとに監査レポートを作成する「LAT Report Manager」で構成されており、操作履歴やプロセス、IPアドレス変更、ファイル操作、USBデバイス、ドライブ、印刷ジョブなどを監視し、イベント統計情報を可視化したレポートを自動作成する。

価格は、Report Managerが31万2900円。Assistantは、対象PC台数999台までの場合、1クライアントあたりの初年度サブスクリプション価格は1890円。同社では初年度に10システムの販売を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド