Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでNICTのウェブサイトが改ざん - 個人情報漏洩は発生せず

情報通信研究機構(NICT)のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされていたことがわかった。

同機構によれば、5月1日17時ごろに、一部ページの改ざん被害が判明したもので、不正アクセスされたサーバをネットワークから隔離した。

同機構では、被害など詳細について調査しているが、他サーバや個人情報漏洩などは確認されていないという。また調査結果を踏まえて再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2012/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
豆煎餅など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性