Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向けspモードアプリに脆弱性が判明 - アップデートが公開

NTTドコモが「spモード」利用者向けに提供しているAndroid用アプリ「spモードメールアプリ」に、SSLサーバ証明書を検証する際に不具合が存在していることがわかった。

情報処理推進機構(IPA)およびJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)が提供するJVNによれば、同脆弱性により、不正なSSLサーバ証明書を使用しているサーバであっても、警告を出さずに接続してしまうという。

影響を受けるのは、「spモードメールアプリ」のバージョン5400およびそれ以前のバージョン。脆弱性が悪用された場合、ユーザーが気付かぬうちに遠隔から通信内容を傍受される可能性がある。

同脆弱性は、オープンソース・ソリューション・テクノロジの濱野司氏がIPA に報告。JPCERT/CCが調整を行った。NTTドコモでは、脆弱性を修正した最新版を提供している。

(Security NEXT - 2012/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正