Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ITプロフェッショナル・グループら、「PCI DSS」のeラーニングサービスを開始

ITプロフェッショナル・グループ、国際マネジメントシステム認証機構、トライコーダ、ネットレコーダー・ソリューションズの4社は、「PCI DSS」のeラーニングサービスを提供開始した。

同サービスは、大手クレジットカードブランド5社が共同で策定したセキュリティ基準「PCI DSS」の理解促進を目的としたeラーニングサービス。これからPCI DSSの準拠を目指す組織や、すでに準拠している組織向けに作成されている。

要求事項に関する解説や研修を収録した「PCI DSS要求事項の本格的解説 v2.0コース」と、ウェブアプリにおける脆弱性や、コーディングの原則を説明し、安全なアプリケーション開発を支援する「セキュアWebアプリケーション開発啓発コース」の2種類を用意した。

「PCI DSS要求事項の本格的解説 v2.0」の料金は5万2500円。詳細解説書が付属する場合は、9万4500円。「セキュアWebアプリケーション開発啓発コース」は、3万1500円。

(Security NEXT - 2012/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス