Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player 」のアップデートが公開 - 一部脆弱性は標的型攻撃に悪用される

Adobe Systemsは、複数の深刻な脆弱性を解消した「Adobe Flash Player」のアップデートを提供開始した。一部脆弱性は、すでに標的型攻撃で利用されているという。

今回のアップデートは、「Windows」や「Mac」「Linux」「Solaris」に提供されている「同11.1.102.55」、および以前のバージョンに存在する脆弱性を修正するもの。

さらに「Android 4.x」向けに提供していた「同11.1.112.61」や、「Android 3.x」以前の環境へ対応する「同11.1.111.5」、および以前のバージョンについても脆弱性が含まれており、アップデートを用意。あわせて7件の脆弱性を解消している。

今回のアップデートでは、メモリ破壊の脆弱性をはじめ、セキュリティ機能のバイパス、ユニバーサルクロスサイトスクリプティングといった問題を解決。メモリ破壊など脆弱性が悪用された場合は、アプリケーションがクラッシュし、端末を乗っ取られる可能性がある。

影響を受けるのは「Windows」で「Internet Explorer」を利用している場合に限られるものの、ユニバーサルクロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2012-0767」については、すでに標的型攻撃へ悪用されているとの報告が寄せられているという。

同社では、PC向けの最新版「同11.1.102.62」をはじめ、Android 4.x以上のユーザーを対象とした「11.1.115.6」、Android 3.xより以前のバージョンの利用者向けの「同11.1.111.6」を公開。アップデート呼びかけている。

また何らかの理由でアップデートが行えない「Adobe Flash Player 10.x」の利用者向けには、「同10.3.83.14」を用意している。

(Security NEXT - 2012/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も