Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲームサイト「ハンビットステーション」を装うフィッシング攻撃に注意

オンラインゲームサイト「ハンビットステーション」を偽装したフィッシング攻撃が発生している。

ハンビットステーション運営チームを装ったフィッシングメールで、同社サイトに酷似した偽サイトに誘導し、アカウント情報を詐取する攻撃が発生しているもの。

同協議会によれば、正規サービスのドメインと同様の文字列をサブドメインに設定したフィッシングサイトが、すでに7件確認されているという。

フィッシングメールは、他社オンラインサービスで情報漏洩が発生し、本人確認のため認証メールを送信しているなどと騙す内容。2011年末にも「真・女神転生IMAGINE」のユーザーを狙った同様の攻撃が発生している。

1月13日の午前中の時点でフィッシングサイトは稼働しており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。同様の攻撃が発生する可能性があるとして引き続き注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査