Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブックオフのサイト、修正3日後に再び改ざん - 閲覧者にマルウェア感染のおそれ

ブックオフコーポレーションのウェブサイトが不正アクセスを受け、相次いで改ざんが発生した。改ざんされたページを閲覧した場合、マルウェアに感染するおそれがあった。

最初に改ざんが発生したのは10月14日未明。利用者の指摘を受けて修正した17日10時過ぎまで、トップページをはじめ「店舗検索」「BOOKOFF SUPER BAZAAR紹介」などのページが改ざんされた状態となった。

同社は修正した上でウェブサイトを再開。19日に改ざんについて公表し、修正が完了したことをアナウンスしていたが、20日20時前から翌21日9時過ぎにかけて再び改ざんが発生したという。改ざんされたページを閲覧した場合、トロイの木馬「TROJ_FAKEAV」に感染する可能性がある。

同社ではウェブサイトのメインテナンスを実施しており、10月31日より再開する予定。信販売サイト「BOOKOFF Online」については影響ないと説明している。

(Security NEXT - 2011/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加