Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

科学技術振興機構の一部ページが改ざん、閲覧でウイルス感染の可能性

科学技術振興機構(JST)の一部サイトが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。

改ざんが判明したのは、戦略的創造研究推進事業の「炎症の慢性化機構の解明と制御に向けた基盤技術の創出」に関する研究ページ。

改ざんが発生したのは6月3日0時ごろで、閉鎖となった13日13時30分までに同サイトを閲覧した場合、ウイルスへ感染するおそれがあった。同サイトでは個人情報を扱っておらず、情報漏洩については否定している。

同機構によれば、職員が6月10日16時50分にアクセスした際、セキュリティ対策ソフトによって不正プログラムが検知され、自動で削除されたという。その後自動削除のログからサイトの改ざんに気がつき、13日に閉鎖した。

改ざん期間中、293件のアクセスがあったが、被害報告などは寄せられていないという。同機構では、心当たりがある利用者へウイルススキャンなどを実行するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害