Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、アクセス管理ソリューションにセッション録画のオプション

CA Technologiesは、アクセス管理ソリューションの「CA Access Control Premium Edition」のオプション機能「Session Recording」を提供開始した。

同オプションは、ユーザーの作業内容を自動的に記録するオプション機能。ユーザーの操作画面を録画したいとの需要が増加していることから機能を追加したもの。従来のテキストログとあわせて一元管理することができる。

同オプションの価格は、5ライセンス利用時の参考価格は52万5000円。サイトライセンスは、525万円。

また同機能に「CA Access Control Premium Edition」において、特権や共有IDを貸し出す「パスワード貸出機能」を組み合わせ、6月1日から11月30日まで「特権ID管理自動化パック」として期間限定で提供する。価格は480万円で、20管理対象まで対応する。

(Security NEXT - 2011/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC