Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxのファイルアクセスログ取得に対応した「ALog ConVerter」最新版

網屋は、Linux対応など新機能を追加したアクセスログ監査ツールの最新版「ALog ConVerter V4.5」を発売した。

同製品は、エージェント不要のサーバアクセスログ監査ツール。クライアントPCからのファイルアクセスやログオンなどの操作ログを取得し圧縮管理するほか、高速検索やレポートの自動作成機能も備える。

最新版では、Linuxサーバのファイルアクセスログ取得に対応。Linuxの監査ログ出力用のデーモンを分析変換することにより、ファイルアクセスに関するログやコマンドの実行ログを取得できる。

このほか、管理者のアクセス権変更履歴を取得する新機能を追加した。価格は、5サーバライセンス102万9000円。

(Security NEXT - 2010/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋